BLOG

2022年11月

キーウの別荘の前に立つソフィー・ノーバ


2022年10月


毎回撮影時に利用したウクライナのホテル (写真左)
キーウ郊外、ドニプロ川の写真 (写真右)


2022年9月

キーウ市内で楽しそうに歩く子供達と郊外で遊んでいる子供達を撮りました。


2022年8月

(写真・左)キエフの地下鉄構内
(写真・右)キエフ郊外の別荘でソフィーノーバを撮影 ソフィーノーバはキーウ出身


2022年7月

5月10日から6月中旬まで私は初めて長期休暇を取りました。
3月、4月、仕事が激務だった為、体調を崩してしまいました。ウクライナの事など考えたいこともあり思い切って休むことにしました。今は体調も戻り仕事も順調にすすめています。
キーウの町から少し離れた郊外で美しい建物を撮りました。建物の名前は忘れましたがこの美しい建物が破壊されず早く戦争が終わることを願うばかりです。


2022年5月

今月のブログはお休みします。
キーウの中心部を流れるドニプロ河が見える高台から撮った写真です。
電車から乗り降りする乗客をホームから撮った写真です。


2022年4月

私はキエフへ撮影に何度か行きました。
成田からモスクワまで飛行時間は10時間。シュレメーチェボ空港ラウンジで3時間待ち、キエフ行きの飛行機に乗り継ぎ2時間のフライトでボリスポリ空港到着。現在はキエフまでの直行便は無くなり不便になりました。私はカメラを数台持っているので空港に着く度に目的を聞かれ荷物のチェックがありました。モスクワの空港の方が荷物のチェックは必要以上に厳しかったのを覚えています。キエフの町はとても美しく人々も穏やかでやさしかった。町の中心にあるホテルを毎回利用して町の写真をたくさん撮りました。この写真はホテルから歩いて10分ぐらいの所にある独立広場の写真です。独立広場では音楽祭などがあり、写真にあるように多くの人が集まりました。数年前のキエフの平和な風景です。報道番組で見る度、当時の平和で美しい街並みを思い出しています。キエフ在住のスタッフの家族が日本に避難できたので出来るだけの援助をするつもり。早く戦争が終わることを祈るばかりです。


2022年3月

3月発売のオリジナルプリントは【聖乳伝説8『ユーリアの夏』】のシーンから選びました。
モスクワでも珍しく暑い日が続き、強烈な太陽の下での撮影は大変でした。休憩をとりながら撮影しましたがすっかりユーリアは日焼けしてしまいました。高級別荘が立ち並ぶ比較的安全な地域だったので庭での撮影もできたのです。
当時のロシアは貧しかったけれどのどかで平和だったので良い作品が撮れたのだと思っている。モスクワやキエフのスタッフの協力で私は作品を作ることが出来た。今はキエフにいるスタッフとも連絡が取れず心配している。私がキエフにおいてある撮影機材も破壊されてしまったかもしれない。


2022年2月

『アメリカなどにおける過激なヌード雑誌に対して英国はどことなく野暮ったい、良く言えば品のあるヌード写真を掲載していた』、今月発売のbachelor誌の一説を読んだ。
私はアメリカのプレイボーイ誌(1970年~1980年)のような品のある雑誌は好きで良く読んでいた。その後ヘアー解禁になってから写真の表現が変わってきた。私も時代の風潮に合わせて撮影を続けた。今なおユーリアの人気があるのはアメリカ的でもなくイギリス的でもない....日本人の私が撮影したユーリアである。


2022年1月

一月発売のオリジナルプリントは『The Premium 3 Yulia Nova』より、バスルームで撮影した写真を選びました。 このシーンはとても寒い日、モスクワの郊外の別荘で撮影しました。
モスクワを出る時はあまり寒さを感じなかったが別荘に近づくにつれ寒さは一段と厳しくなったのを覚えています。モスクワから一時間ほどかけて粉雪の舞う道を車で移動。別荘の周りは降り積もった雪で真っ白だった。

私が別荘を選ぶ時の第一条件はバスルームを重要視して選んでいる。何故ならばきれいなバスルームでの撮影はモデルにとってもリラックス出来、良い写真を撮れる条件である。この別荘はとても豪華でバスルームもきれいだったので良いシーンが撮影できたと思っている。
今月の写真は白のバスタブとユーリアの肌の色の調和が美しく品格ある写真に仕上がりました。


2021年12月

ユーリアとアンナの電子書籍は近日中に発売されます。
二人の写真は冬と春、2度に分けて撮影しました。

当時、ユーリアフレンズの企画でユーリアと一緒に撮れるモデルを探していたがなかなか見つからなかった。オーデションを開いたところ最後に現れたのがアンナだった。顔もボディも抜群に良く肌の色も白く美しかった。彼女はヌードの撮影は初めてだったのでその場で交渉してヌードの撮影を承諾してもらった。

最初の撮影は冬だったのでほとんどが室内でした。アシスタントを交えて和気あいあいと談笑しながらの撮影だったのでアンナも徐々に自然なポーズをとれるようになったのです。その後もアンナを撮り続けたいと思ったがモデルエージェントの強い要望でアンナ以外のモデルを撮ることになってしまった。私がモスクワに滞在できる時間は限られているのでアンナを撮ることが出来なかった。後から思えばアンナをもう少し撮るべきだったと後悔した。


2021年11月

今月のブログはお休みします。


2021年10月

手掛けていた電子書籍、主にユーリア作品とユーリアフレンズシリーズ、ザギトワ、アレキサンドラ、マーガレット、他ロシアモデルの電子書籍56冊が完成しました。
9月24日に(ユーリア・ノーバ)2冊はすでに発売となっています。
ユーリアフレンズシリーズの作品は当サイト以外では販売していません。ユーリアフレンズに関しての問い合わせが多くあったので今回はユーリアフレンズシリーズを電子書籍として作ってみました。ユーリアフレンズシリーズも動画とは違う写真の良さが表現できていると思います。このシリーズのユーリアはリラックスした穏やかな表情が印象的でもあると思います。


2021年9月

今月販売のオリジナルプリントはバスルームでの写真です。
今回の撮影場所に使った別荘はかなり大きな別荘でした。この別荘はバスルームが特別きれいで広いバスタブが自慢だと別荘の持ち主は得意げに話したのを覚えています。ユーリアもバスルームが大きく豪華なのでとてもご機嫌でした。暖かなバスルームでの撮影は一時間以上続けました。彼女はシャワーを浴びたりバスタブの中で体を伸ばして泳いだりしていました。バスルームに長い時間いたのでユーリアの肌はピンク色、艶めかしい。


2021年8月

手掛けていた電子書籍が完成したので近日中に発売できると思います。ユーリアファンにとってはユーリア以外のロシアモデルに関心が薄かったので今まで作品は作らずお蔵入りの状況でした。
アンナ、ソフィー・ノーバ、マリリン、ブリジット、カテリーナなどの作品を電子書籍で発表すると購読してくれるファンが多いことがわかりました。
モスクワで撮影したモデル達の多くは素人の学生でした。ご存じのように私のモデル選びは初ヌードが絶対的な条件でした。私が発掘し撮影した後、アンナはMET-ARTのモデルとして活躍し、ソフィー・ノーバはアメリカで有名になり活躍しました。今回電子書籍として発売するザギトワとアレクサンドラ、他(モデル名は時々変わります)は撮影した時は学生でしたが撮影後はCMに出たりしてタレントとして活躍していました。今後もユーリアと他のロシアモデル達の作品を電子書籍にして発表していく予定です。


2021年7月

今月販売のオリジナル写真(4~6)は窓から差し込む夕陽が光のシルエットとなりユーリアのボデイに美しく映える様が印象的に感じた作品となりました。

モスクワの春、5月になっても肌寒い日が続きました。
この写真を撮影した時は5月のメーデーの日、赤の広場には数万人の人が集まり音楽祭で盛り上がっていました。
この日は祝日だったので渋滞もなく1時間ほどで別荘につきました。午前中は肌寒く感じましたがお昼ごろになると気温も上がり水着の撮影もできました。
春の撮影は初めてだったので気温や光の変化に注意しながら時間をかけて撮影したのを覚えています。別荘の台所は広かったのでアシスタントと一緒になってユーリアは楽しそうにランチの支度をしていました。
常に撮影の合間はリラックスして食事や会話を楽しみ、撮影となると真剣にカメラの前でポーズをとるユーリア。
自然体で美しいユーリアを撮影できたのはカメラマン、アシスタントが一緒の時間を過ごしながら和やかな雰囲気で撮影できたことが良い作品につながったと思う。出版物に使っていない写真はかなりあります。すべてのフイルムを見ていないので今後、時間をかけて見直したいと思っている。


2021年6月

今月のブログはお休みします。


2021年5月

今月販売のオリジナルプリントはフイルムで撮った写真とデジタルカメラで撮った写真の違いがはっきりとわかる写真です。
温室内は少し暗かったのでストロボを使いました。
デジタルカメラで撮った写真はユーリアの肌の白さが際立った美しい写真です。
フイルムで撮った写真は全体的に赤みを帯びているのでユーリアの胸の重量感を感じさせる写真です。
『ユーリアの秋』の作品のシーンはビデオカメラで撮影しているので全体的に明るく背景もはっきりと見えます。
同じ場所で撮影してもフイルム使用、デジタルカメラ、ビデオカメラ使用で仕上がりが全く違うことがわかります。
『ユーリアの秋』はユーリアが最もふくよかで美しいと感じられる時に撮った作品です。


2021年4月

現在、ユーリアの電子書籍とユーリアフレンズの電子書籍の作品を手掛けています。
ユーリアが他のモデル達と一緒に撮影したのはユーリアフレンズシリーズだけです。他のモデル達が最初に驚きの声を上げたのがユーリアのバストの美しさと容姿の素晴らしさだった。

よくあることだが複数のモデルと一緒の撮影は何かと神経を使うことが多いのだがユーリアが他のモデル達に優しく接してくれたので撮影が非常に楽しくスムーズだった。マーシャなどは初めての撮影なので緊張していた。ユーリアがメークしてあげたり会話をしたりしてモデル達の緊張を解いてくれたこと、衣装に関してもユーリアがすべてアドバイスしてスタイリストの役目をしてくれたことがとても助かった。ユーリアの作品同様、他のモデル達も緊張せず自然体で撮影でき良い作品が出来たと思っている。

DVD作品のユーリアフレンズシリーズは発売当初、人気が無かったのだが最近になって購入する人が増えてきたのはとてもうれしい。昨年春からコロナウイルスの影響で私の仕事は休業状態が続いていた。3月になり私の仕事も忙しくなり、電子書籍の完成は少し先になりそうだ。


2021年3月

今月はブログをお休みします。


2021年2月

私は数年前から電子書籍としてDMMでロシアモデル達の作品を配信している。
現在はDMMの規定通り、作品を並べて発表しているが私としてはこれが良いのかどうか考えている。これからのDVDや書籍などの事業はより厳しい状況になってさらにグローバル化されるのではないかと思う。これから自分の作品をどのように展開するべきか考えなくてはいけない時期に来ている。


2021年1月

新作DVDを只今、制作中です。
発売日は未定ですが今年度発売予定です。


2020年12月

毎年12月にユーリア着用衣装のオークションを開催していました。
アメリカにいる友人からのアドバイスがきっかけで始めたオークション、8回も続いたことに海外からも驚きのメッセージが届きます。
マンネリ化を指摘されないよう衣装に関連した写真や、動画をプレゼントとしたのですが準備に時間がかかるのでスタッフ泣かせだったようです。

オークションも今年で9回目、10回目のオークションを最後とする予定だったがコロナ感染が拡大する状況を見ると9回目も難しい状況。オークション延期を決めました。コロナウイルス感染が一日も早く終息してほしいと願っています。以前のような平穏な世の中になったら最後のオークションを是非開催したいと考えています。
ユーリアのようなモデルは今後も出てこないと思う。
彼女が着た衣装を記念としてファンのコレクションに加えてもらえると嬉しい。
しばらく作品を出していないが新しい試みで作品を作りたいと思い只今検討中です。


2020年11月

ユーリアの衣装を整理していたらこのシーンの写真が出てきた。
残念ながら衣装は無かったがこの時のユーリアを鮮明に覚えている。
このシーンは南欧風の2階建ての別荘で撮影しました。
ロシアの貴婦人用の黒のフォーマルドレスはアシスタントがユーリアの為に用意したものでした。このドレスを着て、まず外庭から撮影を始めました。高級別荘にふさわしいユーリアの貴婦人スタイル、ユーリアの悦に入った表情、彼女の気分は上々で撮影スタート。しばらくは別荘を背景に撮影し、その後、一階のリビングルームに移動し豪華な茶色のソファーの上でドレスや下着を脱ぎながらポーズをとるユーリアを撮影しました。ユーリアは何のためらいも無く、自然に丁寧にドレス、ストッキングを体から外していきます。この様子は写真より動画を主に撮影しました。革張りのソファーがとても感触が良く、肌触りが良いと言っていたのを覚えています。ユーリアが年齢以上に大人の妖艶な雰囲気を出したポーズを展開してくれたのでロシアの貴婦人の豪華なヌードシーンとなりました。


2020年10月

今月のブログはお休みします。


2020年9月

9月発売のオリジナル写真を探していたらこの写真を目にした。
当時はフイルム撮影、今までの経験をもとに照明やレンズを変えて考えながら写真を撮っていた。
今は画像編集ソフトを使って撮影した画像を加工修正することが多い。
フイルムの場合はどのような写真が撮れているのかその場では確認できない。
フイルム撮影の場合失敗はできないという思いで集中してシャッターを切っていた。その時の場面が脳裏に焼き付いているのでフイルムを見た時に思い描いた光景の写真がここにありました。現像焼き付けをして初めて自分の作品を見ることが出来た時の感動、どのような作品になっているか見るまでの楽しみはフイルム撮影だったかもしれない。

この写真もデジタルカメラでなくフイルムで撮影しました。
通常部屋の撮影はストロボを使用して撮影します。モデルの肌の色が正確に表現されます。部屋の明かりがタングステンライトの場合、ストロボを使用しないで撮影するとこのような写真の仕上がりになります。
タングステンライトの撮影は予想外の色の仕上がりが期待できるので面白いと思っています。時々試みて撮影していました。例えばシーツが赤だったり部屋全体が茶系だったりすると赤が強調されてこのような写真に仕上がることが多いのです。フイルム使用の場合、このような効果がありました。


2020年8月

暑中お見舞い申し上げます。

暑さに負けず、コロナに負けず今年の夏も乗り切りましょう。
今後とも当サイト作品をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

令和2年8月


2020年7月

コロナウイルス感染もまだまだ安心できない状況の中、撮影の仕事も徐々にスタートし始めました。
自粛期間はスタジオにこもり半世紀にわたるフイルムの整理をした結果、廃棄したフイルムは段ボールに詰めダストセンターに持って行き目の前で廃棄してもらった。撮影したフイルムは悪用されてもいけないので慎重に処分している。私がカメラマンとしてスタートした時、撮影した写真を見ると悔いの残る写真が目に付く。カメラマン駆け出しの頃、雑誌社の編集者に厳しい評価の言葉をもらったものだ。彼らの厳しい評価と要求は私のスキルアップにつながったともいえる。私が撮影したフイルムの多くはカラーポジフイルム。今後はこれらをすべてデジタル化しなくてはならない。ユーリアの陰に隠れて公開しなかったモデル達のフイルムも含めてこれからデジタル化するという忙しい日々が続きそうだ。


2020年6月

今月は自粛要請もありスタジオにこもり半世紀にわたり撮影したフイルムを整理することにした。どの写真を見ても当時を思い出して片付けがはかどらない。

大学のエクステンション講座で私は美術コースを受講した。毎週drawingの授業でヌードモデルをデッサンしていた。当時このコースを受講したのは日本人一人、私だけでした。作風がちょっと違っていたのか先生や学生たちから注目された。日本に興味を持っていたモデル、レネー、画家を目指している美術科の学生が話しかけてきた。彼女がきっかけでモデル達との交流が始まった。私が写真家を目指していることを知った彼女たちは写真のモデルを快く引き受けてくれた。 この写真がアメリカに渡って撮った最初の作品である。
当時はヒッピー文化が盛んな時代。レネーは女友達数人とアパートのワンフロア―を借りて生活していた。彼女のアパートに行くと部屋の中を皆、裸で歩きまわっていた。日本では見ることのできない光景、驚いてしまった。レネーを撮影していると他の女友達も寄ってきて『私も撮ってほしい』と言う。当時のアメリカのヒッピー生活を目の当たりに経験できた。その後、レネーの紹介で多くのモデル達を撮影することが出来、沢山の良い作品が作れた。撮影に最も必要なモデルが常に周りにいた事、また彼女たちが私のカメラの前には喜んでポーズをとってくれたことを知って他の日本人の友人からうらやましがられたことを覚えている。 彼女達にはモデル代の代わりとして撮った作品をプリントにして渡していた。
彼女達は写真の価値をよく理解していたのでお金よりプリントを喜んで欲しがった。その後、レネーはロンドンとニューヨークに渡り画家として成功した。私が撮ったレネーの写真をモチーフにして描いた絵がサンフランシスコの美術館に飾られたと後になって聞いた。

モデル達の自然なポーズをとらえることが私の作風。
ユーリアの撮影やユーリアフレンズの作品もアメリカでの経験が大いに影響したと思っている。


2020年5月

3月のブログにも書いた私の卒業制作、私が撮った最初のヌード写真です。
東京の貸しスタジオで数日かけて撮影した一枚です。美しくポーズをとれるモデルだったので自分の思い通りの作品が作れた。今思えば容姿は違うがユーリアと同じタイプのモデルだったように思い出される。
当時、貸しスタジオは少なくレンタル料金も高いので学生にはなかなか使うことができなかった。この貸しスタジオのオーナーが大学の先輩だったこともあり学割で借りることができた。当時のライトはタングステン、この撮影はシルエット撮影だったのでライトをかなり必要とした。この後、女性ヌードは美しく撮るべきと私は思うようになった。
親友(同級生)がアシスタントとなって撮影を手伝ってくれた。彼はその後、土門拳賞を受賞した写真家として有名になった。
私は人物写真を得意とし、彼はドキュメンタリー写真家としてお互いに励ましあって撮影を続けた。大学卒業後、私はアメリカで、彼はネパールをはじめとしてアジア全域を撮影の場にした。